引っ越しノウハウまとめ

業者に頼むと確かに楽かもしれませんが、全てを自分でやるととても達成感があります。

お金もかかりませんし一人暮らしの方におすすめします。

荷物を運び入れたときも中身を全部把握してますからとてもスムーズに片付きます。

コツは気合いと根性と勢いです。

丸1日で全ての作業がおわりますよ。

あと、いらないものはバンバン処分してリサイクルショップにひきとってもらいましょう。

いらないものを処分しつつお金がいただけます。

梱包用のダンボールはスーパーでいただいてきました。


新居に事前に行けるならあらかじめ掃除をしておく。

家具の配置を決めておく。

ゴミ袋や雑巾、洗剤、スポンジ、トイレットペーパー、ハサミ、筆記用具、台所の流しの下に敷くシートなど、荷解きのときまず必要になるだろうものをまとめておく。

すぐ使うものとして搬入してもらえば必要な時にすぐ使える。

あまり使わないものはまとめて梱包する。

子供の小さくなった服などは圧縮袋に入れてそれをそのままダンボールへ。

新居では収納にダンボールのまましまえば荷物の整理になる。


アート引越センターを利用させていただいた時ですが、食器(ガラス)製品を運ぶコンテナを用意していただけました。

家では、新聞をとっていなかった為、緩衝剤になる物が一切なかった為、食器が多いうちの様な家庭では、アートのサービスはとても便利に感じました。

書籍についてですが、引越前に大量に処分をする為に引き取り業者(バリューブックス)に依頼しました。

書籍の送料もそんなにかからず、思っていた以上の高額で買い取っていただく事ができましたので、引越前に書籍を処分する際には、おすすめです。

引っ越し料金を激安にするポイント

引っ越しは数回経験したのですが、やはり一か所ではなくいろんな業者さんに見積もりしていただくのがいいですね。

ネットの一括見積は時間帯とわず見積もり結果が出せるので便利なのですが、深夜見積もりを出したのにもかかわらず、数分後に電話が来ました^^;

こんな時間にお仕事なさっているのにも驚いたものですが、一括見積するのも昼間の方がいいかもしれませんね。

あと複数の場所で見積もって「○○さんのところではいくらで見積もってもらえましたよ」と伝えるとわりと頑張ってもらえます。

また、たまに見積もりに来た営業さんと現場の方と意思疎通が十分でないときがありますので、気になることがあったら営業さんに伝えたことでも当日の作業員さんに確認をしておいた方がいいです。

 


引っ越し先への拘りですが、うるさいところ、治安の悪いところ、駅が便利な線でないところにはあまり住みたくないです。

毎日のことを考えると、やはり少しくらい高くても便利なところに住んでいた方が快適だし、それでストレスも軽減されると思います。

ただ、居酒屋さんなどが多かったり夜もうるさい街の真ん中とかになると家に帰るも落ち着かなさそうなのでそれは嫌です。

おしゃれなほどよいひとの気配がして、決してうるさくはなく、そして治安も悪くないところがいいなと思います。