引っ越しノウハウまとめ

業者に頼むと確かに楽かもしれませんが、全てを自分でやるととても達成感があります。

お金もかかりませんし一人暮らしの方におすすめします。

荷物を運び入れたときも中身を全部把握してますからとてもスムーズに片付きます。

コツは気合いと根性と勢いです。

丸1日で全ての作業がおわりますよ。

あと、いらないものはバンバン処分してリサイクルショップにひきとってもらいましょう。

いらないものを処分しつつお金がいただけます。

梱包用のダンボールはスーパーでいただいてきました。


新居に事前に行けるならあらかじめ掃除をしておく。

家具の配置を決めておく。

ゴミ袋や雑巾、洗剤、スポンジ、トイレットペーパー、ハサミ、筆記用具、台所の流しの下に敷くシートなど、荷解きのときまず必要になるだろうものをまとめておく。

すぐ使うものとして搬入してもらえば必要な時にすぐ使える。

あまり使わないものはまとめて梱包する。

子供の小さくなった服などは圧縮袋に入れてそれをそのままダンボールへ。

新居では収納にダンボールのまましまえば荷物の整理になる。


アート引越センターを利用させていただいた時ですが、食器(ガラス)製品を運ぶコンテナを用意していただけました。

家では、新聞をとっていなかった為、緩衝剤になる物が一切なかった為、食器が多いうちの様な家庭では、アートのサービスはとても便利に感じました。

書籍についてですが、引越前に大量に処分をする為に引き取り業者(バリューブックス)に依頼しました。

書籍の送料もそんなにかからず、思っていた以上の高額で買い取っていただく事ができましたので、引越前に書籍を処分する際には、おすすめです。

引っ越し料金について

引っ越し料金は思ったより安い!?

引っ越し料金について

それまでは引越と言うと、料金が高いイメージがあり、友人に手伝ってもらったり、家族だけで行ったりと、引越業者にお願いすることはありませんでした。

しかし、この時は遠距離の引越であることとと、息子が一歳になったばかりで大変だったので、思い切って業者さんにお願いすることにしました。

まず、値段ですが想像していた半分ほどで驚いたのを覚えています。

引っ越し一括見積もりサイトを経由したおかげか、いわゆる、激安料金になったようです。

そして、当たり前ですが、当日の手際の良さにもビックリしました。

ギリギリまで使用していて梱包しきれていなかったものも沢山ありましたが、あっという間に梱包されて運び出されていました。

主人は業者さんと一緒に運び出し等していましたが、私自身はずっと息子の相手ができたのでとても助かりました。

また、靴やハンガーに掛かっている洋服は当日、専用のケースに入れてくれるので、それだけでも手間が省けて助かりました。

やはり、値段はすごく気になると思いますので、事前の見積もりはしっかり取ることをお薦めします。

私の経験上では、まず、地域に密着しているメジャーではない業者さんの見積もりを取ると良いと思いました。

大手に比べると比較的安い値段を出してくれます。

その後、大手業者に見積もりを依頼します。

先に上記の業者に見積もりを出してもらったと伝えると、そこまで安くはならないものの、近い金額まで下げてくれます。

ここで、安いからとマイナー業者に頼むのではなく、大手業者を選ぶ方が賢明だと思います。

やはり、作業される方の指導もしっかりしていらっしゃるでしょうし、サービス面や安心感でも勝ります。

業者によっては、当日の作業を早く終わらせる為に、無料で前日、他での作業が終わったトラックで一部の荷物を引き取りに来ますと言ってくれるところもありますが、これは断った方が良いでしょう。

正直、何時に来るのか分かりませんし、遅い時間の作業になると近所迷惑ですからね。