非常識な人が引っ越して来てしまいました

引っ越してきて1週間ほどたったときに、一階に住んでいる一人暮らしのおばさんが窓をあけた状態で深夜の2時くらいに誰かと電話をしていたり、携帯ゲームをやり始めたり、掃除機をかけ始めたりし始めました。

最初は気にはしていませんでしたが、日に日にエスカレートしていき、男性との営みを窓をあ毛た状態で始めたりしていて、とにかく気持ち悪かったです。

男性も毎回違う男性で、冬なのにわざわざ窓をあけた状態でやる必要はないのに、わざとにしか思えないくらいでした。

昼間にも、窓をあけた状態で男性との会話がうるさいくらいに響き渡っていたり、喧嘩の声も聞こえてきたりしました。

子どももいたので、とにかく気持ち悪くてたまりませんでした。

もう我慢の限界がきて、大家さんに事情を話したところ、注意をしてくれることになりました。

それでも、改善されないようなら警察を呼んでもいいと言っていただきました。

注意をしていただいてから、2週間ほどたった頃から、また窓をあけた状態で男性との営みの声がアパート全体に響き渡ってており、私も呆れてしまい、警察を呼びました。

警察を呼んでから、また2ヶ月後にはまた同じことを繰り返し、警察にお世話になっていました。

それからは、なくなりましたが、男性の出入りは頻繁なので、毎回男性が来たとわかったときは、雨戸まで閉めて聞こえないように私たちが対策をしています。

本当にいい歳なのに、常識もわからないかと疑問に思いました。

集合住宅の騒音について

相手からの騒音クレーム対応法

主人の転勤が決まり、三階建ての一階部分に引っ越しました。

以前住んでいたマンションはペット可の物件で、13階建ての8階部分に住んでいました。

子供が4人いるのでそれなりに走り回っていましたが、下の人からクレームがきたことも、上の人がうるさいと思ったこともありませんでした。

今回はペット可の物件ではないので、子供が四人いること、騒音等を気にして一階部分を選びました。

 

その後、騒音に関するクレームが来てしまいました

集合住宅の騒音について
引っ越して一ヶ月、騒音についての張り紙が掲示板に張られていました。

四月まで五世帯中二世帯にしか入居がなく、今まで自分たちの生活音しかなかったのでしょう。

四月にうちともうひと家族が入居して賑やかになり、うるさいと感じた方が管理会社に連絡したようです。

どのような音が気になるのかを管理会社に連絡し、足音と伺ったので、防音マットを購入しました。

それなりの金額がするので、すべての部屋に敷き詰めることはできませんが、フローリングエリアに敷き詰めるました。

子供たちには走り回らないこと、扉の開閉を気を付けることなどを話しました。

子供に大人のルールを押し付けることはどうなのかなとは思いましたが、まだ住んでいく場所なのでうまくやっていかなければいけません。

お隣さんに会う時には、いつもうるさくてすいませんといいます。

管理会社には防音マットを引いたことを伝えました。

その後何かあれば詳しく内容を聞いてくださいとも伝えました。

それから一年、騒音についての張り紙はありません。