引っ越しノウハウまとめ

業者に頼むと確かに楽かもしれませんが、全てを自分でやるととても達成感があります。

お金もかかりませんし一人暮らしの方におすすめします。

荷物を運び入れたときも中身を全部把握してますからとてもスムーズに片付きます。

コツは気合いと根性と勢いです。

丸1日で全ての作業がおわりますよ。

あと、いらないものはバンバン処分してリサイクルショップにひきとってもらいましょう。

いらないものを処分しつつお金がいただけます。

梱包用のダンボールはスーパーでいただいてきました。


新居に事前に行けるならあらかじめ掃除をしておく。

家具の配置を決めておく。

ゴミ袋や雑巾、洗剤、スポンジ、トイレットペーパー、ハサミ、筆記用具、台所の流しの下に敷くシートなど、荷解きのときまず必要になるだろうものをまとめておく。

すぐ使うものとして搬入してもらえば必要な時にすぐ使える。

あまり使わないものはまとめて梱包する。

子供の小さくなった服などは圧縮袋に入れてそれをそのままダンボールへ。

新居では収納にダンボールのまましまえば荷物の整理になる。


アート引越センターを利用させていただいた時ですが、食器(ガラス)製品を運ぶコンテナを用意していただけました。

家では、新聞をとっていなかった為、緩衝剤になる物が一切なかった為、食器が多いうちの様な家庭では、アートのサービスはとても便利に感じました。

書籍についてですが、引越前に大量に処分をする為に引き取り業者(バリューブックス)に依頼しました。

書籍の送料もそんなにかからず、思っていた以上の高額で買い取っていただく事ができましたので、引越前に書籍を処分する際には、おすすめです。

引っ越し先

激安につられて契約は避けましょう!

とある激安で見積もりをしてくれた業者。

当日の作業は終始すみやかで、親切な対応が好印象でした。

衣料品などはタンスごと運んでくださるし、ハンガー類は持ってきてくださったケースにそのままかけるだけ。

家具や電化製品もほとんどサカイさんの方で梱包してくださったので、もともと荷物が少なかったのもありますが荷造りも荷解きもこちら側では大した作業はなく、楽に引越しを済ませることができました。

ただ見積もり時は多少強引に感じました。

「今決めてくださればこれだけお安くできるんですが…」というのは引っ越し業者さんの常とう手段かもしれませんが、しつこかったです。

いろんな業者さんに見積もってもらいたかったのですが結局根負けして契約した感じです。

あと、ダンボール箱の後日引き取りは以前は無料だった気がするのですが、このときは有料でした。

少しでも節約したかったので1か月に1回しかないダンボール回収の日まで待って、自分で処分したのですが手間ですし少し残念に感じました。

 

引っ越し先として避けたい地域について

引っ越し先

人が多く、観光地なんかは苦手です。

自然がないところやしょっちゅう雪が降るところなど。

なんでもある東京は特に苦手。

空気が悪そう。

たまに遊びに行くぐらいならいいが、住むとなると部屋がせまくても家賃相場が高いのは困ります。

常に満員電車なんかも苦手。

方向音痴なので駅はものすごくわからなくて困る。

どこに行くにも電車がないとどこにも行けないイメージ。

がやがやうるさそう。

海も山もあるイメージはない。

とにかく静かな街がいいですね。