役所沙汰になった隣人トラブル

三年ほとんど前から住んでいたおばあちゃんの孫が越してきた時から始まりました。

毎晩夜中に高校生の男の子達が階段の手すりを叩いて大きな音を出したり、家から音楽が大音量で流れてきたり、大きな声で騒いだりと団地なのにとてもうるさかったです。

夜、うるさくて寝ていられないほどでした。

バイクが沢山止まっていたりもして邪魔でした。

家が凄いゴミ屋敷だったのか物で散乱していました。

はじめはおばあちゃんが住んでいたのですが、孫が住み始めて物を片していましたが、捨てに行かず駐輪場に放置したり、家の前に沢山のゴミを貯めておいたり、とても危なく邪魔でした。

注意されるとゴミの場所を移動するだけで放置したままゴミを捨てには行きませんでした。

 


お母さんが市役所に電話をしました。

5回ほど電話をし、その度に注意をされていたみたいですが、あまり改善には至っておりません。

騒音などは改善されましたが、ゴミなどはいまだ散乱したままになっています。

団地に住んでいるのですが、子供達が遊ぶ場所にゴミを放置したりしているためとても危険です。

最近また市役所に電話を入れた所、前よりはゴミの量が減り良かったなと思っていましたが、ゴミの場所を移動するだけでまた放置した場所の近くに住んでいた近隣の方から苦情の電話が行き、市役所の方から注意を受けたみたいで、その場所にあったゴミは完全に無くなったみたいで、注意される度に良くはなっているみたいです。

あとは家の前のゴミを何とかして欲しく、近々親が電話するそうです。

非常識な人が引っ越して来てしまいました

引っ越してきて1週間ほどたったときに、一階に住んでいる一人暮らしのおばさんが窓をあけた状態で深夜の2時くらいに誰かと電話をしていたり、携帯ゲームをやり始めたり、掃除機をかけ始めたりし始めました。

最初は気にはしていませんでしたが、日に日にエスカレートしていき、男性との営みを窓をあ毛た状態で始めたりしていて、とにかく気持ち悪かったです。

男性も毎回違う男性で、冬なのにわざわざ窓をあけた状態でやる必要はないのに、わざとにしか思えないくらいでした。

昼間にも、窓をあけた状態で男性との会話がうるさいくらいに響き渡っていたり、喧嘩の声も聞こえてきたりしました。

子どももいたので、とにかく気持ち悪くてたまりませんでした。

もう我慢の限界がきて、大家さんに事情を話したところ、注意をしてくれることになりました。

それでも、改善されないようなら警察を呼んでもいいと言っていただきました。

注意をしていただいてから、2週間ほどたった頃から、また窓をあけた状態で男性との営みの声がアパート全体に響き渡ってており、私も呆れてしまい、警察を呼びました。

警察を呼んでから、また2ヶ月後にはまた同じことを繰り返し、警察にお世話になっていました。

それからは、なくなりましたが、男性の出入りは頻繁なので、毎回男性が来たとわかったときは、雨戸まで閉めて聞こえないように私たちが対策をしています。

本当にいい歳なのに、常識もわからないかと疑問に思いました。